先輩社員の紹介INTERVIEW

PROFILE

原田 直哉
NAOYA HARADA

2016年入社
コンビニエンスストア事業部 /
店長

多業種を展開する
自社のノウハウを糧に
より魅力的な店舗運営を!

入社1年目、サービスエリア内の店舗に配属され、2年目に店長職を任されることとなりました。私は学生時代、コンビニエンスストアでアルバイトしていたのですが、同じコンビニでも駅ナカとサービスエリアでは売れる商品がまるで違うんです。例えば、駅ナカでは新聞や文房具などが売れ筋ですが、サービスエリアでは単価の高いネッククッションが飛ぶように売れたりと、立地による売れ筋の違いを実感させられました。商品の仕入もこうした傾向を踏まえて行うのですが、経験に乏しい1年目は過去の売上データを隅々まで見て発注しても予想どおりにはいかなくて。仕入れた商品が売れることもあれば、思ったより売れなくて落ち込むこともありました。しかし当時の店長は考えた末の失敗は絶対に責めない方で、私はそのおかげでミスを恐れず、自ら考えて行動する力を養うことができました。
店長になった現在は、接客レベルの向上を見据えた店舗スタッフへの教育や店舗マネジメントに注力しています。スタッフの時は自分の仕事を全うするのがミッションでしたが、店長になれば店舗全体やスタッフ一人ひとりに気を配らなければなりません。慣れないうちは苦労も多かったですが、本社の教育担当や事業部の上司の助けを借りて、自信をつけることができました。今後は様々な店舗の運営方法を見て学び、自店に活かし、そしてより魅力的な店づくりを行い、多くのお客様に選ばれる店舗を目指したいと思っています。

career

入社1年目 物怖じせず、できることを精一杯やろう!と自分自身で目標を決め、店舗内での声掛けや挨拶など凡事徹底を意識していた。
入社2年目 1年目と同じことをしていてはこれ以上の成長は望めないと痛感。仕事と並行して社内の通信教育制度などを活用し、自己啓発にも力を入れるように。
現在 店長職に就いて数年が経ち、自分がやるべきことはわかってきた。今後は自身に代わって動いてくれるスタッフを育てるため、人材育成により一層力を注ぎたい。
カタチにしたい想い
総合職社員として全社の利益を見据えながら、「近鉄リテーリングが運営するコンビニエンスストア」という独自のメリットを生かした店舗づくりに励みたい!
近鉄リテーリングの魅力
社員一人ひとりの相談に真摯に応えてくれるのが魅力。研修や定期面談で悩みを打ち明けると、親身に聞いてもらえ、アドバイスも。この会社を選んで良かったと思います。