奈良市の西郊・富雄の高台に、閑静なたたずまいを誇る料亭・百楽荘。
四季折々の色に彩られた約1万坪の庭園のなかに、個性的な数寄屋造りの離れが十棟点在しています。
慶事や法事、ご接待、親しい方とのお集まりに是非ご利用ください。

本格派会席料理 ご予約はこちら

新着情報一覧を見る

奈良 元林院から

2019.04.06

奈良 元林院から

菊亀さん、菊愛さんが、お席に花を添えてくださいました。 満開の桜の下、三味線の音色が響き料亭らしい晴れがましい お食事会となりました。

花の百楽荘

2019.04.04

花の百楽荘

百楽荘の桜が見頃を迎えています。少しずつ暖かくなり桜以外の花もいろいろとお楽しみいただけます。春は「花の百楽荘」の始まりの季節。ご昼食後のお庭めぐりも是非お楽しみくださいませ。 

送迎サービスもご利用くださいませ

2019.04.04

送迎サービスもご利用くださいませ

15名様以上でご予約の方には送迎サービスご用意致します。 限りがございますのでお早めにお申し込みくださいませ。 (レストラン形式は除きます)

  • 祝事用会席プラン
  • 大切な方をもてなす
  • お仲間とお手軽ランチ

百楽荘 フォトギャラリー

《月日亭の由来》

昭和8年、大阪の資産家 泉岡宗助氏がこの地に約8万坪(約26万㎡)の土地を購入し、数年かけて地形に合わせた数寄屋造りの離れを建設しました。
設計は泉岡氏自らが行い、当初は貸別荘として建てられたそうです。
昭和33年、百楽荘は泉岡氏の会社から近畿日本鉄道㈱のグループ会社に引き継がれ、現在は近畿日本鉄道㈱直営の料亭として営業しております。
敷地は約1万坪となりましたが、建物の大半は当時のまま使用しております。

PAGE TOP